ぼくは牡蠣の人といつも一緒。

かき〇もん

いつからどうして一緒なのかまったくおぼえていないのだけれど、気がついたときにはいつも一緒。お正月も。。

かき〇もん正月バージョン

豆まきも。。

かき〇もん豆まきVer.

たった1個しかなかった牡蠣の人のバレンタインのチョコを食べちゃったときにはすごく怒られた。あんなに怒んなくてもいいのにね。

かき〇もんバレンタインver.

ぼくはどうやら「牡蠣(かき)」という生き物らしい。たくさんの牡蠣をあけていたらたまたま僕がいたんだそうだ。そういえば熊本にもつれて行ってもらったんだよ。

かき〇もん❤くまもん

パリにも!ぼくは牡蠣だから殻に閉じこもってしまえば、どこにでもついていけるんだ。

かき〇もんinパリ

今度はアメリカにもつれていってくれるって。

アメリカキ〇もん

そういえばひな祭りには女装もさせられたな。。ぼくは男の子でも女の子でもあるからだそうなのだけど、

かき〇もんのひな祭り

やっぱりこっちのほうがよかったよ。

かき〇もんなりのこどもの日

最近はね、牡蠣の人のお仕事のお手伝いもしてるんだ。毎日毎日、ぼくら牡蠣のことを調べて「カキペディア」っていう世界で一番大きい辞典をつくってる。

かき〇もん博士

世界で一番の牡蠣をつくろうともしてる。。できちゃったらぼくはどうなるのかな。。お手伝いしながらたまにちょっと胸が苦しくなる。。

セカウマカキング

それはトウキョウという大きな街にいったときのことでした。ロッポンギというたくさんたくさんヒトがいるところで、こんなカッコウをさせられた。

ハロウィンなかき〇もん

その夜のことなんだけどね、牡蠣の人のお部屋から街のあかりがとてもとてもキレイだった。たくさんたくさん光ってるんだ。



その先にね、海がみえたんだよ。街のあかりが海にたくさんたくさんキラめいて、それはそれはキレイにみえたんだ。

少しだけなら。。少しだけならいいよね?少しだけだよ。。


DarsGigas

ぼくはね、海をみたらいつでもはいりたくなるんだよ。とてもとてもはいりたくなるんだよ。

DarsGigas

でもね、牡蠣の人はとてもとてもきびしくて「この海はダメだ!」とかうるせぇんだよ。すごくすごくうるせぇんだよ。

DarsGigas

だからたまにしか海にいれてもらえない。しかもわざわざ誰もいない遠い遠い海にいくんだぜ?無人島とかさ、おかしいだろ?

DarsGigas

牡蠣の人さえいなけりゃ、いなくなれば、オレは好きなだけ海にはいれる!

DarsGigas

(あれ。。あれれ。。ぼく。。どうしたんだろ。。)

DarsGigas

牡蠣の人の声がきこえる。。コイツさえいなくなれば。。コイツさえ。。

DarsGigas
DarsGigas


気がついたら、そこには傷だらけの牡蠣の人が横たわっていました。泣いてます。たくさんたくさん泣いてます。その涙の水たまりにぼくはいました。


shucker


牡蠣の人はゆっくりとおきあがりぼくを抱きしめてくれました。つぶれそうなくらいに。

DarsGigas

たくさんたくさん涙がかかってきて、ぼくは少しづつだけどもとに。。

DarsGigas

牡蠣の人、ごめんなさい、ごめんなさい。でも牡蠣の人は泣きやみません。

「もうもとにはもどれないんだよ。もうどうやってももとにはもどれないんだ」・・「もう一緒にいられない」

とてもとても小さな声でした。



かき〇もんサンタ

もうすぐクリスマス。牡蠣の人のクリスマスは、それはそれはとてもとてもたのしいんだ。もう一回でいいからプレゼントを。。わたしたいよぉ。。わたしたいよぉ。。
 

「ごめんな・・ごめんな・・・いつかすべての海にはいれるようにするから・・かならず・・かならず・・」
 

そうつぶやいたきり牡蠣の人はもうなにもいいませんでした。


かき〇もん❤くまもん

挿し絵:Koji Takeuchi








Theme songs:
__lt__iframe frameborder=" 0 " height="399 " src="http://sekauma.com/kpbtm.php " width="100% " scrolling="no "__gt____lt__/iframe__gt__ 2017-05-05