【最新情報】セカウマ、先行予約開始!
ともに【世界一うまい牡蠣】を創る歓びと興奮を!支援(お取り寄せ|先行予約)の受付を開始しました。

abc

世界一うまい牡蠣って?

「百聞は実食にしかず」
世界一カキに詳しい男が紡ぎ出す「世界一うまい牡蠣」を味わってみたくはないか?

main20150326

日本オイスター協会を創設し、いまや世界に拡がるオイスターマイスター制度を制定した「世界一カキに詳しい男」ときには「世界一の牡蠣バカ野郎」そしてついには「あの牡蠣の人ね」と呼ばれるまでになった男こそ、このプロジェクトの発起人、サトウゲン。

いまは世界最大になった牡蠣のメディア「カキペディア」にはじまり、先述の資格制度や「かき日本一決定戦」など様々なイノベーションコンテンツを創造し、日本に新たにオイスター業界を誕生させ、世界中のメディアから注目されている。

12391924_1097575253595599_32439355522114294_n

そんな男が12年間、日本中そして世界中の産地に赴き、すべての牡蠣を食べ尽くし、生産から提供、消費、文化に至るまでのすべてを探究し研究し尽くした男が、最後に辿りついたひとつの答え。それがこの「世界一うまい牡蠣」(通称セカウマ)。

世界一うまい牡蠣を創ろう!プロジェクト、それは、この12年間かけてたどり着いた「世界一うまい牡蠣」の設計図をもとにそれを実現させるためのプロジェクトです。

すべてを旅してみたら、青い鳥、灯台もとくらし。すべての答えは日本にあった

16925119395_94424a2962_z

12年前、牡蠣に魅せられた僕は、世界で一番うまい牡蠣を求めて旅を始めた。

世界中を旅していると、ある事実にたどり着いた。

それは、 牡蠣を食べない国を探す方が難しいということ、そしてなにより驚いたのが「世界中に流通する8割以上は、日本の牡蠣が親」だとということ。

16899183646_5c94d36bcd_z

16923821612_f5ba332cf8_z

例えば美食大国フランスの市場の99%の牡蠣は日本由来。

アメリカで一番人気の牡蠣は、日本から持っていった牡蠣だった。

「だったら日本に世界一うまい牡蠣があるんぢゃないのか!?」

そう思った僕は今度は日本で「世界一うまい牡蠣」を探す旅に出た。

自分が考えうるすべてを実現した「世界一の牡蠣」を自分が食べてみたくなった

16924106181_71f842ded8_z

世界中そして日本中を旅して牡蠣の現状を知った僕は、自分が思い描くような最高傑作の牡蠣が、まだ世界中に存在していないことを知り、どうしてもそれを食べてみたくなった。

そこで自分で創ることにしたのだ。

そのために次に探したのは、牡蠣の生産者。

またバカの一つ覚えなのだが…また旅をして…日本中を旅して、日本中の生産者と語り明かした。時にはぶつかり合い、海に沈められそうになったことも一度や二度ではない。裸一貫、自分の理想を語り続けた。

そしてついにその「世界一うまい牡蠣」を創れる漁場(一番重要)と パートナーとなる生産者(セカウマ認定かき開発者)に出会えたのだ。 こうして「世界一うまい牡蠣」を創造する舞台は出来上がった。

10157350_252631771738693_7855897541205336502_n

「世界一うまいの牡蠣」の設計図はできた。あとは創るだけ!

そして、そのやっと出会えたパートナー生産者(セカウマ認定かき開発者)とともに、現時点では「世界一うまい」といえる牡蠣を創造することに成功した。

なぜそんな「現時点」などという煮え切らない言葉をアタマにつけるのか…それは実は今の時点でお渡しできる牡蠣は、僕の中ではまだ70点くらいの牡蠣なのだ。

それでも充分に「(現時点では)世界一うまい」と太鼓判を押せるものであり、皆さんに是非味わっていただきたい逸品ではある。

12799435_1148087195211071_2153190570885512300_n

その70点を100点に近づけるには、さらなる漁場や機材などの体制と、なによりパートナー生産者にその牡蠣を創るモチベーション…「理由」ってヤツを渡さないと…これ以上先へは進めなくなってしまった…だってその70点でも充分…いや十二分に素晴らしいのだもの。

でも、それでも100点、世界一うまい牡蠣=セカウマを目指したい。

なので、いまはまだ「お取り寄せ」ではなくあえて「支援」と呼ばせていただきたいのです。

d15838-1-994518-18

支援してくださった皆さんに、いつか必ずお届けします!…僕の考える100点満点の「セカウマ」を!


そしてどうか、その牡蠣が本当に「世界一うまい牡蠣」かどうか皆さまが判断をしてください。

そのためには、まずチャレンジするチャンスを!

正直いうと、僕は…本当に…本当にパートナー生産者を苦しめている。僕のホントにもう滅茶苦茶な要求に...ホントにもう闇雲に高いハードルに…その要求にこたえてくれているのです。

そんな彼らにチカラを…環境を…この牡蠣にニーズがあるということを...こんなにたくさんの人が心待ちにしてくれてるんだということを…伝えさせてください。

皆さまの一手(支援)がそのまま世界一うまい牡蠣誕生へ繋がっていきます。セカウマの牡蠣だけではなく、それを創造する歓びと興奮からともに味わいましょう!


2016年11月のセカウマ解禁日以降の出荷となります。解禁日は随時お知らせします。
セカウマシリーズの中から牡蠣の人がセレクトして33個(オイスターバーで¥400~¥700=最大¥23100相当)を指定の日時、場所にお送りしております。
セカウマの取扱責任者以外への流通はこちらのみです。

04

◆セカウマプロジェクトにはこんな価値も!
・世界的にも価値のある自然資産「有明海」の干潟を護ることにも
・牡蠣養殖は地球温暖化や海洋汚染などの環境問題も改善します!
・1次産業の活性化や地域創生も

【お知らせ】セカウマ解禁日と実施の経緯

セカウマ認定された牡蠣は本来ならなにかしら通年出荷されていることを目指しております。ところが最初のリリースに認定された牡蠣はそのすべてが売り切れました。

そのため、タイムラグが発生。最初に「解禁は史上一回だけ」と宣言してはじまったプロジェクトではございますが、誠に勝手ながら今年も「セカウマ解禁日」を実施させていただくことになりました。

通年出荷の実現だけでなく、世界的に貴重な自然資産(種や環境)の保全をも実現することができるセンターの設立も進めており、セカウマの牡蠣開発環境の充実を引き続き最大限バックアップしていきます。

そして・・本当に今年で解禁日はラストに!というわけで、11月(日にちは現在最終調整中)のセカウマ解禁日、皆さまどうかお付き合いください。解禁イベントも盛大に執り行う予定でおります。

またそれに先立ち、追加支援(お取り寄せ|先行予約)の受付も開始しました(出荷は11月の解禁日以降のご指定いただいた日時となります)。

ともに【世界一うまい牡蠣】を創る歓びと興奮を!
‪‪ 2016-10-05,2016-10-04,2016-07-14, 2015-12-22, 2015-12-02