‪‪ ※こちらの記事はセカウマオンラインサロンで約1年前に公開されたものです。最新の情報はこちらのサロンにて☟


あんまりヒトを公然と褒めたくないのだけど、サロンだし実名で

昨日、岩崎健志郎さんって中華の料理人とコラボしたんですよ

その経験と実績でね、もうレベル99みたいな料理人

大規模なフェスのプロデュースから、町場の居酒屋、最近だと有名焼肉店まで、しかも商品開発もできる

キャラも「ケンシロウ」の名のごとくちょい悪感もある男気男子

僕のイベントに一回参加したのと、ちょっとした打ち合わせ(ほぼケンシロウさんの話を一方的にきかされた)1回3品ほどのコラボ

セカウマには、三種の神器ってのがあるんですよ

海水、牡蠣海水、あとは当然「牡蠣」

これを駆使して料理を仕上げていくわけなんですが

ただたくさん使えばいいというものでもない

もうそれを見事に使いこなしていた

もうね、さすがというか、ある意味「牡蠣の中華」としてがゴールなんではないかと

たとえば蒸し牡蠣ね。火入れが完璧。僕より使いこなせてたかも

セカウマ牡蠣100個を使ってオリジナルの「オイスターソース」をつくって、それをベースにいろんな料理を仕上げていくんだけど

そのソースもぴったり無駄になんない

ただやみくもにたくさんつくってもいいのにね

干し牡蠣を粉にした「ピエール」も、これって使いすぎると、もうコレの味しかしなくなる、くどくなる、料理をぶち壊す一品なのだけど、サラッと

「使いすぎるとまずくなんで」と

事前にメニューをきいてたんで、僕の想定でギリギリだけ粉にしといたんですよ

で、途中で「もっと粉にしときます?」ってトラップも仕掛けてみたんだけど「必要ないっす」と

で、それを使ってつくる「シンプルピエールチャーハン」。。いままでたべたチャーハンの中で一番うまかったかも

その前にでた牡蠣麻婆をかけて、、、とか思って残してたけど、そのチャーハンの味を壊したくない、、、とそのまま食べきってしまった、、、おわかりもw

別に使い慣れているわけでもないラボで導線も持ち込みやラボの道具の配置も完ぺき

準備も料理のタイミングも

そう、つけいるスキがない

で「12名を14名にできます?」と直前に言ってみたら

「裏で味見するとおもってっスタッフ分多めにつくってますんで、その分を表で出すだけですから」と

ここまでかいて僕がなにが言いたいのかというとですね「絶対に勝てるカード」だと僕は必要ないってことなんです

僕が殻むことでね、レベル99のケンシロウさんをせめてレベル100にできるなら、、、

だから、依頼から準備してるとき、本番まで、なにかしらトラップを仕掛け続ける。。

でもね、ケンシロウさんはことごとくサラッとクリアしちゃうし、そもそもいろいろ整ってるんで、トラップを仕掛ける「タネ」が見当たらないんですよ

で、「粉、もっとつかいます?」とか「(ギリギリで)人数ふやせます?」とか

もう改めてケンシロウさんが高機能なのを確認する稚拙なトラップともよべない代物ばかり

とりあえず、客として食べてたらなにか浮かぶかな、とかおもいつつ、ただただ「牡蠣の中華のゴールなんちゃうか」みたいな

しかも、使い慣れもしない、火力の弱いラボでね

「セカウマケンシロウ」

やれば勝てるカード

でもそれで本当にいいんですか?と

牡蠣も極まりつつある、そしてそれを使う料理人も極まってる

もうなにも引き出せるものはないのだろうか、、、

もう一回だけね、セカウマケンシロウをやろうかとおもってます

それで、なにかしらケンシロウさんの秘孔が見つからなかったら、

僕はケンシロウさんに「ただただ牡蠣を提供するだけの関係になる」ただそれだけのこと

それはもう完成品、パッケージなので「ラボでセッション」ではない、、、

ラボにおいて皆さんに「完成品」に金を払わせるのは忍びない、、、僕が欲しいのは金よりもミラクル、金よりもそのミラクルを起こすヒト

昨日の中華はね、互いにいろんなミラクル(修羅場)を乗り越えた果てに「ナニカ」がひとつになってしまった、そんな貝…もとい会でした

たとえケンシロウさんを「絶対勝てるカード」から「不安定だけどミラクルが起きるかもしれないカード」に変えるゲームがつくれなかったとしても、

負けられない戦い、負けたくない戦いのときはつい起用してしまうであろう弱い自分がいることを僕は知っている、、、w

それでは明日以降、またセカウマオンラインサロンでお逢いしませう🤠

セカウマックス!




IMG_3029


2020-07-29