[ TOP|記事一覧 ]

「スパイニーオイスター」って聞いたことありますか?

ネイティブアメリカンの方が大好きな牡蠣の一種・・・ではありません。

カリフォルニア湾でとれる色鮮やかな貝殻で、オレンジ、紫、緑、赤、黄...様々な色をしたものがあり、インディアンジュエリーの材料となっております。

西欧諸国では、「2枚貝全般」、「貝殻」もしくは「貝殻のカタチをしたもの」を牡蠣でなくとも「オイスター」ということがあります。

有名なゴディバのチョコレートも貝殻型のものを「オイスター」と銘銘しております。

このスパイニーオイスターは、インディアンジュエリーには欠かせない材料となっております。

丸く削るなど様々な加工をされ、ターコイズなどの鉱石とともに、あの色鮮やかなジュエリーを彩っているのです。


【バージョン】
2010-07-16改訂
2009-12-06改訂
2008-11-29公開



[ TOP|記事一覧 ]
(C)日本オイスター協会