[ TOP|記事一覧 ]

「R」のつく月以外はカキを食べるな!という諺があるなど、牡蛎には旬があるのは有名です。

これはマガキと呼ばれる種類における旬の話。

イワガキと呼ばれる種類およびその亜種は春の終わりごろから夏が旬。

つまりはこの2品種でほぼ1年をカバーしており、また、最近は、養殖技術や輸送技術の発達により、あまり関係なくなっておりますが、やはり旬があるのは事実なのですが・・・

そういったこととは関係なく、1年を通して美味しくいただける牡蠣があるのです。

その名は「三倍体」(さんばいたい)

なんで!???

知りたいですよね、でもそれはまた別の機会に♪

【バージョン】
2010-07-19公開


[ TOP|記事一覧 ]
(C)日本オイスター協会