[ TOP|記事一覧 ]

新鮮なものは、貝柱やヒダヒダの部分が乳白色
(乳白色はオイスターカラーともいわれます。)

これが黄色がかったり、色が濁っているものは、鮮度が落ちている証拠です。

ただ殻付き牡蠣の場合、貝柱がみえないですよね。

その場合は、できるだけ重さのあるものを選んでください。

カキは、海から出された後も、自らのカラダに蓄えた栄養分を消費して生きています。

そのため、栄養分を吸収できない状況が長く続くと身が痩せていくのです。

つまり、重ければ重いほど、水揚げされてから間がないということになります。


【バージョン】
2010-10-06改訂
2010-07-13改訂
2009-07-14改訂
2009-02-02改訂
2008-12-02公開


[ TOP|記事一覧 ]
(C)日本オイスター協会


オイスター検定|牡蠣検定
無料で楽しめる世界初のオンラインオイスター検定。牡蠣*牡蛎*カキは日本を救う!

アメブロ簡単バックアップ
ケータイなどからアメブロに投稿した大切な写真も一括で自分のパソコンへ!

Ads by Samurai.ac