TOP*一覧 かき検定 マイスター特典 OMの極意秘訣

蔵元ら パリで日本酒アピール
NHKニュース 3月1日 8時32分

東日本大震災からまもなく2年となるのを前に、日本食の人気が高いフランスのパリで、被災地などの酒造会社が日本酒への理解を深めてもらおうと試飲会を開きました。
この催しは、日本各地の20の酒造会社が先月28日、パリで開いたもので、東日本大震災からまもなく2年となるのを前に、東北の被災地から・・・
記事全文

▼関連ページ▼
世界に新たな食文化を!【日本酒×牡蠣|Sake to Kaki】

オイスターマイスターになる|オイスターバー半額など特典多数 オイスターマイスター特典一覧

【Info.】
NHKニュース
【Ver.】
公開|2013-03-03|改訂|2013-06-13

【保存用】

蔵元ら パリで日本酒アピール
3月1日 8時32分


東日本大震災からまもなく2年となるのを前に、日本食の人気が高いフランスのパリで、被災地などの酒造会社が日本酒への理解を深めてもらおうと試飲会を開きました。

この催しは、日本各地の20の酒造会社が先月28日、パリで開いたもので、東日本大震災からまもなく2年となるのを前に、東北の被災地からも3社が参加しました。
フランスでは、日本の料理や食材の人気が高いことから、日本酒も積極的に取り入れてもらおうと、フランス料理のシェフやソムリエら100人余りが招かれました。
会場には、50種類もの日本酒とともに、フランスでも食材として使われるカキやウニなども用意され、訪れた人たちは、各地の日本酒を次々に味わい、酒造会社の担当者に製法を尋ねたりしていました。
会場を訪れた女性の1人は、「日本酒はフランス料理にもよく合うと思います。うれしい発見です」と話していました。
東日本大震災による津波で酒蔵に大きな被害を受けた宮城県塩釜市にある酒造会社の佐浦弘一社長は、「日本食への関心が高いので、日本酒にも大いにチャンスがあると思います。私たちのような小さな会社でも、世界に打って出るチャンスがあれば、被災地を知ってもらうきっかけにもなり、少しでも地域に役立ちたいと思っています」と話していました。