世界初の牡蠣の資格
オイスターマイスター
奇跡の食材牡蠣は日本を救う!
日本オイスター協会


一般的にマガキは内湾の波打ち際や沿岸や海岸線に生息しますが、天然の岩牡蠣は外洋の海底に生息していることが多いです。

養殖の岩牡蠣や一部の天然の岩牡蠣は湾内に生息していることもあります。

そのため、岩牡蠣漁は潜って獲ることとなり、冬の荒れる日本海では獲るのが困難なのが、市場に出回らない要因のひとつといわれています。

岩牡蠣もマガキも夏に産卵期を迎えます。

そのため、牡蠣の体内の栄養素は産卵に向けられてしまうため、味が落ちてしまいます。

ですが、マガキはたいていの場合、一定の期間に集中して産卵するのに対し、岩牡蠣は7~11月にかけて少しずつ産卵するので夏でも味はそんなに落ちません。

そのため、よく牡蠣は冬から春にかけてが旬だと思われておりますが、岩牡蠣は別名「夏牡蠣」とも呼ばれ、夏の時期が旬なのです。

基本的に牡蠣は、時間が経てば経つほど大きくなっていきます。

そのため、約1年(3年ものもあります)で収穫される養殖のマガキより、天然ものの岩牡蠣のほうが大きいものが多く見受けられるのはこのためです。

ともに牡蠣で日本をもっと元気にしませんか?

⇒牡蠣を楽しく食べるだけでどんどん日本が元気になります!

⇒牡蠣が100倍楽しくなるオイスタートリビア満載!世界初の牡蠣の資格オイスターマイスターの取得はこちらからどうぞ!

⇒牡蠣をさらに好きになってカラダも日本ももっと元気にしちゃいましょう!

⇒モバイルにも対応しました。



世界初の牡蠣の資格
オイスターマイスター
奇跡の食材牡蠣は日本を救う!
日本オイスター協会