‪‪  先日、講師を招いて新技術や防災について聴く和高専・次世代テクノサロン(和高専地域活力支援研究会主催)を取材した。講師は和歌山高専生物応用科学科の楠部真崇准教授が務め、微生物の力で砂を固めるバイオセメントを活用した環境にやさしい藻場の再生方法を説明した。藻場とは海草や海藻などの・・・
続きを読む☟



カキペディアでもこんな活動をしています☟
amamol

2020-01-11  先日、講師を招いて新技術や防災について聴く和高専・次世代テクノサロン(和高専地域活力支援研究会主催)を取材した。講師は和歌山高専生物応用科学科の楠部真崇准教授が務め、微生物の力で砂を固めるバイオセメントを活用した環境にやさしい藻場の再生方法を説明した。  藻場とは海草や海藻などの群落のこと。海水を浄化する作用があるほか、エビや小魚のすみかとなっている。そんな海の環境や漁業のために必要な藻場だが、近年は海水温の上昇などで減少が続いており、それに伴い、漁獲高の減少にもつながっているという。  藻場の復活へはさまざまな取り組みが行われているが、コストや環境面などからうまくいっていないのが現状。そんな中、楠部教授は海底の砂と微生物を使ったセメントで海草のアマモの種子を入れた直径2㌢程度の球体「アマモボール」を開発。海の上から簡単にまくことができ、セメントは時間とともに自然に戻っていく。水槽実験では成功し、現在は実際の海の中で試験中だが、成功すれば手軽で環境にやさしいアマモの再生方法として期待される。  アマモなどの海草は目にする機会も少ないため、あまり関心を持っていなかったが、調べてみると樹木などでCO2削減を目指す「グリーンカーボン」に対し、海中で吸収する「ブルーカーボン」の海洋生物の一つとして期待されている。  海洋国家である日本にとって海洋資源を守っていくことは使命であり、その活動は世界の温暖化防止にもつながっていく。そんな取り組みの一つが日高地方のアマモボールから始まり、世界に広がっていくことを期待したい。(城)