‪‪ 前編☟
この投稿をInstagramで見る

【牡蠣に合う日本酒大賞-前編】 * やあやあ皆さんこんばんは🍶✨一部、慣れない表現で書きますが、主宰者リスペクトということでお許しを。 * これから、鬱陶しくも前中後編の全3部作にて(これでも随分写真減らしたのよ💦)、 * 日本オイスター協会、オイスターアカデミー、世界一うまい牡蠣を創ろう!プロジェクトの共催のもと開催された、 * 「牡蠣に合う日本酒大賞2019」の発表に先日参加したので、 * 牡蠣おいC!日本酒おいC!という話を飯テロのように撒き散らすから付き合って🥺✨ * 牡蠣っていうとシャンパンだの白ワイン🥂だのを合わせがちだけれど、世界で獲れる牡蠣の約8割は、実は日本の牡蠣が海を越えていったもの、 * なら日本酒だって合うんじゃない?じゃ何がいいんだろう🤔?という疑問のもと、 * 環境デザイナーにして「カキペディア」の中の人、セカウマ(セカい一ウマい牡蠣を創ろう!プロジェクト)などの主宰者であるゲンさん @ostras.kakivmivs が、 * 昨年から400人以上の人を動員し、検証重ねること25回、 * ラベルを隠した日本酒を(たまに引っかけで、ブランド日本酒の瓶に焼酎入れて飲まされるトラップ有りw)皆で集まって飲むわ、 * 牡蠣をしこたま食べるわしながら、 * ついに、 1.殻付き活牡蠣に合う日本酒、 2.カキフライに合う日本酒、 3.蒸し牡蠣に合う日本酒、 4.焼き牡蠣に合う日本酒、 5.茹で牡蠣に合う日本酒をそれぞれ選び出し、 * 更に上のどの牡蠣にも概ね合うという1本、つまり日本酒大賞を選んだのでした。 * 日本酒チョイスには、代官山の名店「酒 秀治郎」の秀治郎さんがサポートしてくださり、 * 発表には何と「ミス日本酒」の春田早重さん @miss_sake がご登場くださるというこだわりっぷり。 * 皆でまず乾杯してから、殻付き活牡蠣で1杯🍶 * 今までの検証に倣って、ここでもまたブラインド状態(笑)の日本酒をひと口、牡蠣とは別に飲み、 * 次は牡蠣を口に入れたままグビっと。 * 牡蠣と別々にいただいてももちろんおいCのですが、 * 牡蠣と日本酒とを一緒に噛み締めながらいただくと、牡蠣の旨みと日本酒がかけ合わさって、 * 何これチョーおいC🤤🤤🤤状態。驚くべき化学反応。 * 間違いなく、牡蠣と日本酒のマリアージュはとてもおいC! * 調理法によって、牡蠣の持つ旨みの出方も異なりますので、やはり合う日本酒も異なるのです。 * 選ばれた日本酒は全て、 * 牡蠣と共にいただくと日本酒がおいC、共にいただくと牡蠣がおいC、更に日本酒も牡蠣も一層おいC、という組み合わせになるものばかり。 * 検証に検証を重ねただけのことはあります。どれも驚くほどのおいCさでした。 * 中編では、この5本が何だったのか、そしてその中から選ばれた大賞が何だったのかを、ご紹介いたします。 * つづく👉🏻 * * * #dontembedwithoutmypermission #私の許可ない埋め込みはやめてください #allrightsreserved #kakipedia #japanoysterassociation #oysteracademy #牡蠣に合う日本酒大賞2019 #日本オイスター協会 #オイスターアカデミー #セカウマ #カキペディア #oyster #牡蠣 #おいC #おいCたのC #igersjp #ig_japan #instagramjapan #instagramersjapan #iphoneographer #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #食いしん坊万歳アンテナ搭載

Kai Olohiaさん(@kai_olohia)がシェアした投稿 -



中編☟
この投稿をInstagramで見る

【牡蠣に合う日本酒大賞2019-中編】 * 皆さん週末が間もなく終わっちゃいますよー😱あああ、私の大切なお休みが……お休みがあああ…… * という私の嘆きはさておき、 * 前回の投稿に続きまして、「牡蠣に合う日本酒大賞2019」発表に臨席したという話の中編です。 * 主宰 @ostras.kakivmivs リスペクトで今回も普段なら使わない表現を伴いますが、皆さんそこら辺大人の対応でよろしく。 * さて、前編で書いたのは、牡蠣の調理法としてメジャーな5種、 * 1.殻付き活牡蠣 2.カキフライ 3.蒸し牡蠣 4.焼き牡蠣 5.茹で牡蠣 * の、それぞれに合う日本酒を探り、尚且つ上記5種の牡蠣のどれを食べても概ね合うのを、 * 各部門1位となった5本の中から選んで大賞にしよう! * ……というのに参加して、ひとまずそれぞれの牡蠣を、 * それぞれに最も合うと決まった5本のお酒とペアリングしていただいた、という話まで書きました。 * もう既に決まっているというのに、わざわざブラインドでいただく私たち(笑) * それぞれの、現時点での最高と思われる日本酒とのマリアージュ、 * どれも美味しくないわけがありません。特に、牡蠣とお酒を別々にいただくより、 * 牡蠣を噛み締めながら口に含んだ日本酒との化学反応が驚愕のおいCさでした。 * さて、ひと通りいただいたところで、それぞれの第1位の発表です。 * ミス日本酒の春田早重さん @miss_sake が瓶を持ってくださって美しい笑顔でポージングしてくださいました。 * この暑い中、室内はまあ大丈夫とは言え、振袖……本当にお疲れさまでした。 * 氣になる結果は順に、 * 1.来福MELLOW貴醸酒 2.五人娘生もと純米琥珀色 3.奥能登の白菊本醸造上撰 4.加茂錦荷札酒純米大吟醸生詰原酒 5.田村生もと純米 * そしてこの5本のうち、「最もどの牡蠣料理にも合う日本酒」、つまり栄えある「日本酒大賞」は…… * * * * * 殻付き活牡蠣部門第1位だった、 * 1.来福MELLOW貴醸酒 * でした🎊 * 皆さん良かったら、上の牡蠣料理食べるとき、この5本があったら一緒に飲んでみて〜🍶食べてはグビっと、もいいけれど、 * 牡蠣を口に含んで、日本酒をクイっと口にして、一緒に味わって。全然違うから〜🤤 * 発表と共に記念写真撮影。私もどさくさに紛れて(?)、ミス日本酒と撮っていただいちゃいました。 * せっかくですので、ミス日本酒についてもご紹介させてください。 * ミス日本酒って、日本酒のみならず日本文化を世界に広める大使的な役割を担うのみならず、 * たとえば田植えしたりお祭りに参加したりすることで、日本文化の継承、伝承するお役目を果たしたり、 * 女性が社会で活躍する場を更に拡大するにあたっての指標となるべく、 * 年間400以上(!)ものイベントに参加しておられるのだそうです。 * 2013年からスタートしているミス日本酒の活動、 * ワールドワイドに日本酒文化が広がるための大切な存在として、今や世界各地で欠かせないのではないでしょうか。 * 海外でも日本酒を愛する方が増えていますし、日本酒を扱うお店が増えてきたとは聞いておりますが、 * まだまだ限られた地域。ミス日本酒のご活躍と共に、 * 日本人のみならず世界中の人が日本酒っておいC!って思ってもらえるようになったら、食文化が面白くなるんじゃないかなぁ。 * それと、国内での日本酒文化、産業がミス日本酒のご活躍で一層盛り上がっていくといいなあ、と思ったりするのです。 * 他にも、酒マダムとか酒サムライもいらして、日本酒と日本酒にまつわる文化をもっと発展させよう!と取り組んでおられます。 * 早くも来年、2020年のミス日本酒選考に向けてのプロジェクトもスタートしているようですから、 * 我こそはという方、チャレンジしてみてはいかがでしょう? * さて、日本酒大賞の発表も終わり、今度は日本酒飲みながらの牡蠣料理あれこれと共にワイワイ楽しんだよ、という後編に続きます。 * 皆さんもうちょっと、お付き合いくださいませ〜🍶✨ * * * #私の許可ない埋め込みはやめてください #dontembedwithoutmypermission #allrightsreserved #misssake #saeharuta #japanoysterassociation #oysteracademy #kakipedia #セカウマ #日本オイスター協会 #オイスターアカデミー #世界一うまい牡蠣を創ろうプロジェクト #カキペディア #牡蠣に合う日本酒大賞2019 #春田早重 #ミス日本酒 #日本酒 #酒 #igersjp #ig_japan #instagramjapan #instagramersjapan #iphoneographer #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界

Kai Olohiaさん(@kai_olohia)がシェアした投稿 -



後編☟
この投稿をInstagramで見る

(加筆改訂済) ちょっと、またインスタupできなかったわよ、私が一生懸命書いた時間、返してよ💢頼むから自動保存して。頼むから。 * ということでちょっと荒ぶっております。落ち着いたらキャプション書きます。プンプン。 🤬 ↓ ☹️ ↓ 😐 ↓ 😊 * はい皆さん、キャプション書き直すよ〜🤗 * 【牡蠣に合う日本酒大賞2019-後編】 * 今シリーズも今回で終わり。毎度ながら、皆さんお忙しいのに、読んでくださってありがとうね😊 * 途中見慣れぬ表現がありますが、主宰者 @ostras.kakivmivs リスペクトということで、オトナの対応をお願いいたします(笑) * さて、牡蠣というとシャンパン🥂や白ワインを合わせがち、でも世界の牡蠣の元は、8割方日本の牡蠣が海を渡ったもの。 * じゃあ日本酒と相性いいんじゃね?という疑問からスタートしたこの調査。 * 400人以上を動員して25回検証した結果、今最も、「牡蠣と飲んだらおいC」、「牡蠣と飲んだら牡蠣が一層おいC」、 * そして、「牡蠣を噛み締めながら一緒に味わうととにかくおいC」のは!というお酒を選び出し、 * 麗しいミス日本酒 @miss_sake の春田早重さんと共に発表されたわけですが(1つ前の投稿見てね💕何ならもう1つ前から見てね)、 * 発表後は皆で牡蠣料理を更にいただきつつ、今回選ばれた5本を味わいました。 * 1枚目、何これ?って感じでしょ?牡蠣味噌です。これで何杯でも飲めそうです🍶✨いきなりキケンなメニュー登場😂 * 続くどのお料理も牡蠣プリプリだし、お酒はおいCし、っていうか食べ過ぎです😂 * 参加者の方からのお土産もいただいたりして、お腹ぱんぱんにして帰宅いたしました。 * * 今回参加したことで、あらためて「人って情報に惑わされ過ぎ」ってことを思い知らされました。 * 私が検証に参加したときは、パック酒も登場したんです、瓶に詰め替えられて。 * でね、カキフライのときに瓶のラベル部分隠されたまま飲んだんですが、 * カキフライmgmgしながら口に含んで味わうと、これがむっちゃおいCんですよ。パック酒だと明かされたときの参加者の驚き、いまだに忘れられません。 * また、二重のトラップが仕掛けられたりも。 * つまり、焼酎を超有名な十四代のラベルが貼られた瓶に詰め替えて、更にラベルを隠した状態で参加者が飲む→あれ、これ日本酒じゃなくね?となる→ * →種明かしのときに十四代のラベルが現れる→ほう、十四代の変わり種か!と勝手に勘違い、という具合。 * いかに目や耳から入る情報に翻弄されるか、という話です。 * いわゆる有名なお酒とか、希少なお酒、高いお酒、それから純米大吟醸とかなら良いかというと、実はそうとも言えないんですね。 * * ゲンさんは環境デザイナーでもいらっしゃって、おいC牡蠣を産む海についても大変お詳しいのですが、 * そんな彼がもたらしてくださる牡蠣をいただくと、どうしても地球環境についても考えずにはいられません。 * ゴミの問題、プラスチックの問題……マイクロプラスチックなんて、もはや海洋環境の範疇超えてますもんね、 * 山に降る雨の中にも、マイクロプラスチック見つかってるんですよ。 * こわいよね、超微小ゆえに、風に乗って舞い上がってるんです。ピレネー山脈から見つかったってニュース、ご存知よね。 * このままですと、地下水とかおいCお水も…… * 私たちがおいCくて身体に良いものを食べることって、環境問題と切っても切れないというか、 * むしろ無視できない状態になっているのかもしれません。おいCければいいじゃん!と、ただ提供されるものをいただくのではなく、 * 「どうして」「なぜ」と自ら学ぶ姿勢を持ち続けないといけないのかもしれません。生産者や料理人さんたちだけでなく、 * 消費者もただ身体に良いものを選ぶとか、提供してくれるものをただ受け取るではなく、 * 次世代以降の人たちもが、おいCくて栄養たっぷりで、 * そしてそんなものを食べることが環境保全にもつながる……というサイクルが生まれることを目指すようにしていかないと、 * どんどん取り返しのつかないことになるのでは、という氣がしてなりません。 * もはや「プロに任せておけばいい」という、丸投げ意識では間に合わないような、そんな思いがあります。とは言え、どうしたらいいのかわからないんだけど😅無知でごめんなさい…… * 考えるきっかけを与えてくださるゲンさんに、あらためて感謝いたします。 * 貴重な貝ならぬ会に参加できて、良かったです。 * * * #私の許可ない埋め込みはやめてください #dontembedwithoutmypermission #allrightsreserved

Kai Olohiaさん(@kai_olohia)がシェアした投稿 -



牡蠣に合う日本酒大賞公式サイト

出典情報:
kai_olohia

2019-08-30