報道機関各位

「牡蠣に合う日本酒大賞」を発表します

~史上初の試み日本オイスター協会/オイスターアカデミーが共同で~

67745704_738894499880556_5586142595274244096_n


牡蠣の正しい情報の普及啓蒙を手掛ける日本オイスター協会および、牡蠣に関する人材育成を主に行っているオイスターアカデミー(両機関ともに所在地:東京都品川区、主宰:佐藤言也)はこのたび史上初の試みとなる「牡蠣に合う日本酒大賞」を2019年8月20日に発表します。

世界中で愛されている牡蠣。その牡蠣の8割以上は日本の品種が海外に渡ったものだ。にも関わらず供されるお酒は主にシャンパーニュやワイン。そこで同じ醸造酒である日本酒に焦点をあて、あらためて本当に日本酒は牡蠣に合うのだろうか、そしてどんな日本酒が牡蠣に合うのかのマトリクス検証を「延べ400人」による「ブラインドテイスティング」で行った。

牡蠣に合うとはいっても、生牡蠣とカキフライが同じお酒が合うのか?などの疑問もあり、以下の5部門で検証。

殻付き生牡蠣部門
カキフライ部門
焼き牡蠣部門
蒸し牡蠣部門
茹で牡蠣(しゃぶしゃぶ)部門

それぞれの部門に使われる牡蠣や牡蠣料理は、選考された日本酒がより汎用性の高いものになるよう協会やアカデミーが長年月重ねてきた経験に基づき構成されている。

各部門の上位3位を発表、このなかから1本大賞を決定する。

検証に際し日本酒のセレクトは、以下の2名が行った。
・恵比寿「酒 秀治郎」よりプロデューサーの直野秀治郎氏
・「第12回酒サムライ」の森田隼人氏

審査委員長は協会およびアカデミーの主宰で、世界一うまい牡蠣を創ろう!プロジェクトなどを手掛ける通称「牡蠣の人」ことサトウゲン

発表イベントはオイスターアカデミーが運営するラボ(渋谷区代々木)にて2019年8月20日と8月22日の2日間の日程で行われる予定

ミス日本酒協会等、海外で活躍している組織と連動し海外への普及啓蒙も目指す


【日本オイスター協会について】
所在:東京都品川区北品川1-9-7
主宰:佐藤言也
設立:2005年9月3日
Tel:03-6869-3077
URL:http://oysters.jp
事業内容:牡蠣の関する知識技術の啓蒙


【本件に関するお問合せ先】
カキペディア編集部
samuraioysters@gmail.com
牡蠣に合う日本酒大賞担当宛