‪‪ akashio
via.yahoo news



赤潮は牡蠣のフェンスをつくることで(まさに)食い止められる。

が、大事なのは「なぜ赤潮が発生したのか」海はそもそも赤潮を生むほどプランクトンのエサとなる鉄分や窒素、リン等を持ってない。

ではどこから?その辺りの根本を解決してかないと牡蠣のフェンスが増えてくだけ。イタチごっこ。


異常増殖、異常発生だけでなく、発生したプランクトンに対してそれを食べる魚や貝が少なくなってしまったから、プランクトンの増殖を食い止められないケースもある。

またその異常増殖、異常発生と牡蠣の大量養殖が合致するパターンもある(異常発生する原因によってはその牡蠣をたべるのは危険なことも)。

高度経済成長期の1960年から瀬戸内海の赤潮被害は、衛星写真で瀬戸内海沿岸部がすべて赤くみえるくらいひどかった。

そんなときでも、広島は赤くはならなかった。理由は、沿岸部にたくさんの牡蠣の筏があり、大量発生したプランクトンを、それが死んで赤潮に成る前に食べてくれたからだと言われる。

「竹」と「牡蠣」が日本の海を救う? 

牡蠣で東京の海水浴場が51年ぶりに悲願の復活! 

東京湾の牡蠣たべないで!水道局やNPO団体が浄化活動の牡蠣かも

(公園を管理している塚原緑地研究所の斉藤久芳さんは)
「梅雨になると赤潮になることはあるが、ここまでひどいのは初めて」


いま一度問う
なぜ赤潮が発生したのか。それが問題だ。


Picks!
「竹」と「牡蠣」が日本の海を救う?

牡蠣で東京の海水浴場が51年ぶりに悲願の復活! 

東京湾の牡蠣たべないで!水道局やNPO団体が浄化活動の牡蠣かも

2017-07-12 千葉市など東京湾北部沿岸で赤潮 07月10日 17時19分 千葉市など東京湾北部の沿岸部で、プランクトンが大量に発生して起きる赤潮が確認されました。 千葉県は「強い日ざしと海水温の上昇で起きたとみられるが、これまでのところ、漁業などへの被害は確認されていない」と話しています。 千葉県によりますと、7月初めごろから千葉市など東京湾北部の沿岸部でプランクトンが大量に発生し、赤潮が起きているということです。 原因となっているのは植物プランクトンの一種で、えらに大量につくと魚が呼吸困難になるおそれがあるということですが、これまでのところ、漁業への被害は確認されていないということです。 NHKのヘリコプターが10日午後2時前、千葉市の海岸付近を上空から撮影した映像では、海岸沿いの海水が赤茶色になっているのが確認できたほか、砂浜に寄せる波や、海上をすすむ船の波も赤茶色に見えます。 千葉県環境研究センターの飯村晃主任上席研究員は「強い日ざしや海水温の上昇でプランクトンが増殖すると起きる自然現象の1つだが、今回発生しているプランクトンは有毒なものではなく健康被害や漁業への影響はないと考えている」と話しています。 東京湾の水質を研究しているNPO法人三番瀬環境市民センターの小埜尾精一さんは「大量に発生した植物プランクトンが死んだり、生き物が死んだりしたことに加え、高温のため海藻のアオサが打ち上げられたのが臭いの原因と考えられる。高い気温や南西からの風が続けば千葉市などの沿岸では赤潮がしばらく続く可能性がある」と話しています。 東京湾の千葉港に臨む千葉市内の公園では、赤黒く濁った波が立ち、波打ち際には魚や貝などの多くの生物の死骸が打ち上げられていました。 市内に住む高校2年生の男子生徒は「近くの駅を降りた途端、いつもと違った臭いがすると気付いた。 魚などが海岸に多く死んでいて驚いた」と話していました。 船橋市内から訪れた10代の女性は「海が濁っているなと思ったが、地元ではないので赤潮のせいだと気付かなかった。もっときれいな海が見たかったです」と話していました。 公園を管理している塚原緑地研究所の斉藤久芳さんは「梅雨になると赤潮になることはあるが、ここまでひどいのは初めてです。今日は天気も良いので普段のきれいな海を見てもらえなくて残念です」と話していました。 インターネットのツイッターには、東京湾の海岸から1.5キロほど離れたJR千葉駅でも、赤潮の影響と見られる臭いがしていることに「魚くさい」とか「なまぐさい」というつぶやきが多く投稿されていました。