‪‪ これとか
11695810_1019363988083393_7943292156391864110_n

これとか
12202154_192776664390871_567663160_n

これとか
11898802_1047255295294262_7368041857577437811_n

そもそものはじまりは「ピーター・ルーガー」・・

ピータールーガーって??

『ウルフギャング』は『ピータールーガー』で40年以上働いた人物が独立して開店したステーキハウス。
出典:ロケットニュース
mig
出典:newyork.navi.com
始めに出されるパンは、冷たくて美味しくないです。子どもには、金貨の形のチョコレートをくれます。Tボーンステーキは、2人分で$99くらいでした。
出典:フォートラベル
アメリカ・ニューヨークはブルックリン地区にある「ピーター・ルーガー」は、全米一に何度も輝いた最高峰の老舗ステーキハウス。
出典:世界一の熟成肉ステーキが食べられる店
一度は訪れるべき名店です。人気なので予約したほうがいいです。一週間以上前に予約しましたが、午後3時という微妙な時間帯しか空いていませんでした。
出典:フォートラベル
歴史は古く、1887年創業です。当初はカール・ルーガーカフェと称し、ビリヤードとボウリング場もあったそうです。現在の名前、ピーター・ルーガーになったのは創業者の死後、息子のピーターが事業を受け継いでから
出典:ニューヨークナビ

そんなピーター・ルーガーだけでなく、北米の有名ステーキハウスではたいてい「生牡蠣」がオンメニューしている

メインディッシュのステーキと対を成すオードブル(前菜)として牡蠣は申し分ない。さらには「天然の胃腸薬」としても↓
コップに「肉」と「生牡蛎」を入れておくと、その酵素によって数時間で見事に肉が溶けて消化されてしまいます。ちなみに「炭水化物」であれば30分程度で消化されます!
出典:カキはまさに【 天然の胃腸薬 】!これで「お酒」も「お肉」もコワくない
q
アメリカで一番人気のクマモト・オイスターの原種「シカメ」

そうオイスター(殻付き生牡蠣)はあくまで前菜だったのだ。

それが…まさかの展開・・!!

何度食べても『ピータールーガー』のオリジナルソースはジャンクすぎて下品なテイストをしている。単に強い塩分と酸味だけを感じ、せっかくの絶品ステーキの味を殺しているのだ。
出典:ロケットニュース24
ステーキで有名なピータールーガーでも特性ソースとアメリカの国民的なステーキソース『A1ソース』がでてくるのだが、やっぱり今一歩で、醤油を頼むことが多かった。
出典:アメリカの食
そう、ステーキはうまくても「ステーキソース」が【まずい】との評判なのだ・・それはもともといまほど質の良くなかった肉でもおいしく食べられるようにつくられたソースだからだそうなのだが・・
欧米でいうところのオイスターは殻付き生牡蠣のことで、殻を開けて洗わず海水そのままで提供する。そのため最初は塩味がきつく感じるかもしれない。
出典:牡蠣の人

そこで前菜で残っていた「オイスター(殻付き生牡蠣)」をソースがわりにその海水ごと乗せて食べてみたところ、これが絶品!

で、いま話題の「かきにく」の原型となる食べ方が生まれたんだそうです。

mig (2)

 もうそろそろこんな記事を読んでるよりも実際に食べてみたいですよねw

16467086_418065548528647_459308803_n

殻付き生牡蠣こそ究極の「オイスターソース」・・!?
ポイントはその「牡蠣海水」・・せっかくの生牡蠣をそのまま煮詰めた「食べるオイスターソース」も!?

最高の和牛と牡蠣がある我が国での展開はというと・・

あの話題の焼肉「にくがとう」さんに「かきにくがとう」という裏メニューが


「牡蠣の旨味」と「肉の旨味」は「かぶらない(違う種類の旨味成分=アミノ酸)」ので山と海の旨味が融合して、その相乗効果でおいしいんですよ
by 味香り戦略研究所主任研究員 高橋貴洋

ちなみに余談ですが「かきにく」としてのお初はこちら(2015-04-05)

百聞は実食にしかず。機会があれば是非一度ご賞味あれ。

編集長コメント:
実際に様々な勇者たちと数々の実験やイベントを重ねているが、ただただ牡蠣と肉を合わせればいいというものではないことがわかってきた。互いの個性がうまく合わないとミラクルは起きなかった。逆に組み合わせによっては別々に食べた方がいいのではないか?と思えるものすらあった。どの肉にどの牡蠣をどのように合わせるか?山、そして海。つまりはこの「かきにく」を極めしものが地上のすべての旨味を司る者となるといっても過言ではない。その極みを目指す「カキニクエスト」はまだはじまったばかりである。

2017-04-14,2015-10-13