‪‪ 02
via. Koji Takeuchi

開けたての活牡蠣(活造りの殻付き生牡蠣)を牡蠣海水ごとドボンとグラスへ。

そこにお好みの日本酒を注ぐ・・

浸透圧の関係でジワリジワリと牡蠣の中の旨味が溶け出していく・・

12313534_935939926475463_2064312548489643305_n
via. Yukie Takeuchi

一杯目・・二杯目・・と継ぎ足し継ぎ足し・・

注いでも、もう濁らなくなったら、牡蠣はおいしい「酒牡蠣(さけがき)」に・・

中から日本酒が溢れ出す不思議な牡蠣の完成です。

オイスターボンボン?

12047174_10206713622913685_7301073099120329130_n
via. Koji Takeuchi

僕はいろんな日本酒で試しました。どれも甲乙つけがたし。皆さんもいろいろとお試しあれ・・別に日本酒でなくてもいいのでは?・・それはそうかもw

またヒレ酒のように牡蠣を炙ってから入れるバージョンも・・!?

非常に呑みやすくなるので、すいすい日本酒を呑めてしまう・・二日酔いが心配?安心してください、牡蠣も一緒食べてますから。

カキはまさに≪天然の胃腸薬≫・・!これで「お酒」も「お肉」もコワくない・・?!

そうそう、ひとつ気を付けてほしいのは「おいしい牡蠣」を使うこと。そうしないとせっかくの日本酒が台無しになるだけではすまない・・イヤな臭いや味が非常に引いたつ食べ方なので。

続きを読む ≫
12

ver. 2015-12-09