‪‪ 12431604_212249369110267_586943027_n

日本の市場に流通しているのは、ほとんどが真牡蠣や岩牡蠣。

ところが世界に目を向けてみると、様々な牡蠣が流通している・・アイルランドやフランスのブロン(ヨーロッパヒラガキ)・・オーストラリアのシドニーロック・・アメリカのヴァージニカやオリンピアなどなど

特にアメリカで一番人気なのは「クマモトオイスター」、もともと九州は有明海が原産となる「シカメ」という品種だ。


第2次大戦後にアメリカに渡り、人気となった。
クマモト・オイスターの謎

有明海には、世界のほとんどの品種が地牡蠣(在来種)として存在している「日本が世界に誇る牡蠣の聖地」なのだ。

そんな世界の宝の生産にチャレンジしている男がいる


当評議会が認定するセカウマデザイナー(かき開発者)のひとりであり、日本有数の潜水士(もぐり)でもある、梅津聡である。

彼率いる海男チームから、新たに8種類のセカウマ認定申請があり、2015年12月21日、第3回となるセカウマ認定評議会が実施された。

生産者として認定されてる時点でかなりのもの


評議会では、海域、生産出荷体制、デザイン、安定出荷など「安全・おいしい・たのしい」を実現できているか厳格に審査する。

セカウマ開発者として認定されるまでにも、技術、生産体制など様々な条件や定期的な海域および牡蠣の指定検査機関における抜き打ち検査(こっちで勝手にやってます)等があるため、認定されてる時点でかなりのものだ。

現在セカウマ級が2ブランド認定されている。

1234