‪‪

 通称「オイスターリーフ|Oyster leaf」=牡蠣の葉。オイスターハーブとも呼ばれております。北米やスコットランドの海岸に自生している植物です。日本では礼文島や東北地方に自生している「ハマベンケイ」という植物の近種。

文献によると、なんと、カキやアンチョビ、そしてマッシュルームのような”様々な”味(?)がする葉なのだとか。青いスズランのような花をつけるので観賞用にもなるそうです。

日本ではまだ生産されている業者の方も少ないようで、輸入もの以外の入手が難しいとのことです…某デパートで10枚1500円で売られていたとか…

味香り戦略研究所の高橋貴洋博士が栽培に成功、一部販売も行っています。

2016-09-27,2015-08-27,2015-01-19,2014-11-20,2013-10-20,2011-10-28,2010-04-17,2010-03-27,2009-11-16