‪‪ 15049998_375693642765838_541515051_n
写真は解禁イベントで提供されたセカウマンダラ

2019年11月11日19時19分(イイね!イイね!イク!イク!とおぼえてください)、セカラボ(住所非公開)にて「セカウマ」が解禁される。2015年から数えて今年で5年目となる。

セカウマとは「世界一うまい牡蠣を創ろう!プロジェクト」の略称で、その厳正な基準に基づき認定された牡蠣のみ贈りだされる

2015年当時と違い、いまはセカウマ認定生産者も進化し、なにかしら通年「セカウマ認定牡蠣」が存在するため、もはや「セカウマ解禁日」というのはおかしいのかもしれない

進化の一例☟


とはいえ、世界の牡蠣の基準ともいえる日本における(世界の牡蠣の8割は日本種)メインストリームともいえる「殻付き活牡蠣」の出荷は、寒くなり始める11月が主流

今年種付けした牡蠣が食べごろのサイズであるBカップ、Cカップに育つ頃合いなのだ

初物喰いは縁起がいいと云ふ。こじつけてでも毎年続けてイキきたい

以下、過去の参加者の声
またひとつ、世界に誇れる日本の牡蠣が生まれました。
これから羽ばたくこの牡蠣に期待です。
♡イイ日本の日♡
11月11日は、私が勝手に制定したイイ日本 (2本だから笑) の日、私の会社設立記念日、大好きな牡蠣、セカウマが初めてリリースされた日でした♡

いろんなお祝いをしに、国内流通がこの日からスタートしたお披露目イベントへ!約400個が目の前に並ぶ絶景に、みんな撮影の手が止まらない笑。フランス人も唸ったらしい、シャンパンとの相性が最高の品種!開催店舗の激ウマチャーハン、お肉をトッピングしても美味♡

製作秘話をお聞きして、牡蠣デザインの奥深さに感動、かかる時間に驚き。今後丸い形になっていくように、デザインしている最中だとか。1粒に込められた愛情とか覚悟が、半端じゃないです。日本が世界に誇れる、こだわりの牡蠣創りをされてます。→ブログリンクはコメント欄に。

NYで、こういう日本人の感性の豊かさ、マジメさ、向上心の強さを思い知って、日本人、スゴい!と思って、帰国した私。

今後もっと、それを体感できたり、誰かに伝えたりする機会を提供しながら、誇り高い、本当の意味でのグローバルな人になりたいし、育てていきたい!と、大マジメに気持ちを引き締めたイベントでした♡

15027396_711294972352704_4717265914892971183_n

この3年、ものスゴい数の牡蠣料理を開発してきたけど、結局ね、「開けただけの殻付き活牡蠣」に敵わないんだよなぁ。。俺が開けた、ねw

2019-11-11、2018-10-04、2016-11-13