‪‪ Tabizine_15270_6
via.TABIZINE > 北アメリカ > アメリカ > ニューヨーク「牡蠣が1個1ドル」の店5軒。ハッピーアワーが狙い目!

北米のオイスターバーには(たいてい)とてもお得な「Buck a Shuck(バック・ア・シャック)」というサービスがある

それは、Happy Hourという開店直後の早い時間などにお得(割安)にドリンクやフードなどを楽しめるアイドルタイムに、1ドルでオイスター(殻付き活牡蠣)を提供するというサービスのこと。

「Buck」はドルの通称。「Shuck」はオイスターを開けること云います。つまり「Buck a Shuck」は、1ドルで1個(オイスターを)あけます」ってことで、オイスターを1ドルで食べれます!ってことになるわけです。

ちなみに、牡蠣あけ師のことを英語では「Shucker(シャッカー)」って云うんですよ。生きているオイスターを活造りにすることができるプロです。

興味ある方は本場のお店を紹介したこんな記事もどうぞ↓

ニューヨーク「牡蠣が1個1ドル」の店5軒。ハッピーアワーが狙い目!


日本でやるとしたら、、そうですね・・「100均オイスター!」って感じでしょうか。限られた時間とはいえ思わず行きたくなりますね。

※北米やフランス、豪州などのオイスター先進国は養殖技術が発展していたり、生食可能な養殖海域も広く、ハイレベルなオイスターの仕入れ値が一個あたり約50〜80セントと1ドルを切ります。だからこそ可能なサービス。日本だと食中毒を回避できるハイレベルのオイスターはまだ仕入れ値で100円を超えてしまうのでこのサービスの実現はなかなか難しい。ドリンクや他のメニューも売れるという整理で客寄せとして放出するならありですが。

出典情報:
TABIZINE
Exciteニュース
Dollar Oyster Deals in San Francisco

2017-01-18